もふもふ~シンプルFX

もふもふ~シンプルFXと雑記のブログ

40代でセミリタイアした専業FXトレーダーのブログです。投資関連情報と共に日々思ったことを掲載しています。

MENU

自宅の不用品を初めてゴミ処理施設に持ち込んだ日

f:id:takaonline:20210513111058j:plain

 

最近自宅の不用品を減らすため、断捨離でメルカリで販売したりしていますが、大きくて出品できなさそうなものや、使えないものが出てきてどうしようか困っていました。

 

服などは、ほとんどメルカリを使い古着として販売して売ることができました。

 

mofumofufx.com

 

しかし、使えなくなった家電や家具、壊れたキャリーバックなどはどうして良いか分からず、押し入れに放置されていた状況です。

 

そこで、先日思い切って居住地域の管轄するごみ処理施設に持ち込んで処分することにしました。

 

粗大ごみは、役所で手続きして有料で自宅前で普通のゴミのように出すこともできますが、そういう手続きをするよりは、いっそのこと車に全て積み込んでごみ処理施設に持ち込んでしまおうと考えたわけです。

 

ネットで調べると、持ち来みゴミは重さで処分量が発生しますが、数十円から数百円しか掛からないようでしたので、持ち込み処分に決定。

 

不用品の家電のなかに、10年くらい前に購入した懐かしいホットプレートが出てきました。

 

夫婦2人暮らしなのに、結構大きなホットプレートでなぜ購入したのか自分でもなぞです。

 

たしか最初の1回か2回くらいしか使った記憶がありません。

 

しっかり買った時の箱に入れていたので、まだ使おうと思えば使えるとも思いましたが、リサイクルショップでも数十円くらいかなと考えると、他の処分品と一緒にごみ処理施設に持ち込んだほうがましな気がして、そのまま処分へ。

 

キャリーバッグも鍵が壊れ、ロックが掛けられなくなっていたので新しく買い替え、壊れたものはそのまま押し入れに入っていたので、これも処分。

 

その他小さな家電等もまとめて車に持ち込み、ごみ処理施設へと向かいました。

 

到着して初めてでどうしてよいか分かりませんでしたが、案内版に車でそのまま重量を図る台のところへと書かれていたので、そこに車を止め、前の人が受付らしい窓口で話していたのを見て、同じように窓口に声を掛けました。

 

窓口の前部分の車を止めたところが、車ごと重量を図るようになっているらしく、窓口の人の合図で、奥にある処分施設内に進み、施設内の人に声をかけると、種類ごとに捨てる場所が分けられ、そこに放り投げるだけでした。

 

その後、最初の受付窓口のところに行き、そこで処分した後の車の重量を図り、料金を計算しているようです。

 

著者の場合、今回はいろいろ持ち込みましたが、120円で処分終了。

 

初めてごみ処理施設に行ったので、ドキドキしましたが、自宅がすっきりして気分が晴れた気がします。

 

不用品の処分の仕方をひとつ勉強しましたね。

 

 

ランキング参加していますのでぽちっとお願いします。


為替・FXランキング


セミリタイアランキング

問い合わせ 

プライバシーポリシー